みんな笑顔!?モンゴルの最新レビューならココッです

娘が学芸会で白い馬役をやるので記念にと注文しました。とにかく是非読んで欲しいです。最初は児童館で借りて読みました。

こちらになります♪

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

モンゴル シリーズスーホの白い馬 モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ) [ 大塚勇三 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

悲しい感じのお話でした。馬頭琴という楽器がどうやって出来る事になったのかが書かれた絵本ですが!4歳の息子も真剣に聞いていました。何度読んでも涙なくしては読めません。来年!小学校に入る長男にと…実は自分も読みたくて購入しました。お勧めの絵本ですよ♪。.モンゴル大平原で繰り広げられるスーホと白い馬の絆の大スペクタクル物語。スーホという羊飼いの少年がいました。あまりの内容の素晴らしさに当時、小学生(勉強大嫌い)の私が先生の朗読中に涙を堪える程の物語です。子供にも色々と感じて貰える良い本だと思います。内容はちょっと渋いけど子供に読んでほしいものです。このお話をハズかしながら私はよく知らなかったので息子に読み聞かせながら自分も物語をちゃんと知る事が出来て良かったと思います。デモ!子供たちは真剣に読んでいたようです。子供用に買いました。子どもたちはよろこんでこの絵本を読んでいます。.本当に素晴らしい物語なので!年齢を無視してみんなに読んで欲しい!凄くオススメの本です。国語だけでなく!音楽でもこの教材をとりあげることになったので!買いました。それだけに悲しみも深く、5歳の孫もシーンと聞きました。馬頭琴の由来の話。この物語は教科書にも出てくる有名な話ですが、ぜひ絵本として手元に置いておきたかったので購入したのです。切なく強く、優しいお話です。1つ1つの絵がしっかり描かれていて!素敵な本です。絵本としては古典的な一冊です。楽しい夏の思い出です。そして、ページをめくる度に「スーホ!スーホ!」と赤い服を着たスーホを指さします。友人宅に泊まりにいった際にもこの本があったので、毎晩3人の子供たちにそれぞれの好きな本を選ばせ読み聞かせしたところ、なぜか2歳の女の子が毎晩この本をもってくるのです。うちの子は神妙に最後まで私の読み聞かせを聞いていました。大切な気持ち、文化に触れることもできていい一冊です。大人になったうちの子の胸に、ずっと残っていて欲しい本です。ほるぷ図書館であったので以前から気になっていました。モンゴル地方の騎馬民族の昔話。我が家の6歳児と2歳児に購入しました。結末がやっぱり胸にくるようです。この時の授業は!楽しみで仕方なかったです。名作ですね、モンゴルの大草原を白い馬と走るスーホの喜びが伝わってきます。大きめの本でしっかりしているのに¥1200。心に残る絵本だと思います。おすすめです。良いです!!ストレートに内容が伝わってきます。馬頭琴の音色を一緒に聞いてみようねと話しました。内容的にはわからずとも心に残る絵本の魅力を教えてくれた本でした。大人の方にもオススメですよ。子どもの心をはぐくむのにお勧めの本の一つです。馬頭琴の音色を想像しながら読むと大人でも泣けてきます。絵本は高いものが多いけれど!この内容でこの装丁…もしかして安いのではと思います。かなり古くから読まれている本なのですね。読み聞かせました。少し悲しいお話ではありますが、好きなお話のようで何度も読んでとせがんでくるので買って良かった一冊となりました。ずっと欲しくて手にはいらなかったので嬉しいです。じっと聞いていました。お話は悲しいですが、心に響く素敵な内容にホロリとさせられました。永遠の名作です。面白かったようです。さすが名作!思い出に残る一冊になります。教科書にも出ていて読みましたが、切なく悲しくなりました。夜になってやっと帰宅したスーホは真っ白い仔馬を抱えていた。ある日、日が暮れても帰って来ないスーホ。【対象年齢:オールマイティー】.小学校の国語の教科書にも載っている作品。5歳児の心にも響きました。親子でじっくり読み聞かせるのにとても良い本だと思います。(漢字には!ルビも振ってあります♪)国語の教科書にもあるこのお話。